デザイン性を重視してWeb制作会社を選ぶメリット

見た目の重視は最低限のマナー

世の中には見た目よりも、ページの表示速度や、しっかりとした実装を重視するという経営者がいます。しかし昨今は機能性やコードの美しさよりも、まず顧客目線の印象を整えることを重視するのがWeb制作の主流です。なぜならお客様は、サイトがどれぐらいしっかり実装されているのかといった内部の事情に興味がありません。どんなに堅牢に作られていても、見た目が古臭かったら、技術的にもいい加減なものなのだろう、と思われてしまうものなのです。

デザインを重視した制作会社を選ぶと、技術的な打ち合わせよりも、コンセプトや顧客目線のナラティブを構築する部分に時間がかけられます。技術畑の経営者はそこに不安を覚えるようですが、デザインは人間関係に例えれば「第一印象」ともいえるものなので、しっかりと時間とお金をかけましょう。

デザインを中心にすることで強みがわかる

デザインを重視することで、サイトの運営者は機能よりもまず、顧客目線で何を訴えるのかを考えざるを得なくなります。顧客はなぜ自分の会社の製品やサービスを選ぶのか。それを訴えるためには、経営者は自分たちの強みを言葉にし、それをわかりやすく伝える方法を、考えざるを得なくなります。

デザインの会社は利用者の直感に訴えかけるキャッチコピーやデザインの手法を多く知っていますので、彼らと仕事をすることで、自分たちが見逃していた企業の強みなどを発見し、かつそれを世間にアピールするための足がかりを得ることができます。往々にして、技術にばかり力を入れている企業は、意外と自分たちの強みをユーザー目線では理解できていないことがあります。しかし、デザインを強みにしたWeb制作会社を利用することで、自分たちの頭も整理され、事業が好転するきっかけになることもあります。